パソコン自作改良グレードアップやってみよう


パーツの選び方

1.マザーボードを決定する。

CPU ・メモリ 等の対応するソケット形状 に注意です。

注:最近のCPUはより高性能な Core i7  Core i5 Core i3が主流です。


そしてパーツは規格が合えば組み合わせは自由ですご自身の予算で選択してください。


注:今回ここで選んだBIOSTAR TF7100P-M7にはVGA機能を内蔵していますがVGA機能を内蔵されていないマザーボードはビデオカードが別に必要です。

私の購入品 BIOSTAR TF7100P-M7  価格 8,480円 パソコン保険 価格848円


購入選択理由:将来パーツのグレードアップに備えて出来るだけ高性能のマザーボードを選択 CPU Core 2 Duo FSB:1333MHz  メモリ DDR2 800  対応のパーツが使えて フォームファクタ:Micro ATX仕様が選択条件。

なぜMicroATX仕様かというとケース(ATX仕様)との組み合わせで、各パーツの取付作業が非常に楽であるから。

製品使用後感想と購入時のポイント:電源投入後の起動画面に表示されるイラストの絵がかっこいい。

購入時のポイント

使用したマザーボードのマニュアルやBIOSの設定画面が英語表示なので、できたら日本語表示があるボードをメーカーのホームページなどで確認して、購入すれば組立がたいへん楽に出来ると思います(除く英語がわかる方)。

製品スペック

●ソケット形状:LGA775●対応CPU:Core 2Duo/Extreme/Quad,Pentium 4/D,Celeron●チップセット:nVIDIAGeForce 7100/nForce630i●FSB:1333/1066/800 MHz●メモリ:2 (DDR2 800/667/533)●VGA機能:チップセット内蔵●PCIExpressx16:1●Serial ATA:4 (SATA2)● サウンド:8+2ch●LAN:1 (ギガビット対応)●フォームファクタ:Micro ATX●その他:RoHS指令 準拠 /HDCP対応



2.ケースを決める。
寸法サイズは決定したマザーボードに対応させる。

購入時のポイント:電源 有 無 注意。

私の購入品 Scythe(サイズ) K110-WH ホワイト 価格8,680 円


購入選択理由: マザーボードはMicroATXでケースはATX用

ケース内に余裕があり作業が非常に楽 電源付き 電源容量450W

製品の使用後の感想など:デザイン、仕様、価格 は満足したが、説明書が欲しかったそれと電源・アクセス表示LEDが少し明るすぎる。

製品スペック

●フォームファクタ:ATX /MicroATX●ケースタイプ:ミドルタワー●サイズ[D*W*H]:490×186×415mm●重量:6.6kg●電源:搭載●電源容量:450W●5インチベイ数:4●3.5インチベイ数(オープンベイ):1●3.5インチベイ数(内部ベイ):6●付属FAN:前面: 12cm×1 / 背面: 12cm×1 ●追加可能FAN:側面:8cm×1●前面端子:USB2.0x2, Audio I/O●その他:パッシブダクト搭 載




3.メモリーを決める。 

購入時のポイント:マザーボードに対応出来る メモリー
                          
私の購入品 バルクメモリ DDR2/800/1GB  価格4,760円 交換保証 価格1,050円


バルク品とは: 装箱・マニュアル・接続ケーブルなどの同梱品やメーカー保証書を省き、簡素な包装で販売されている商品のことです。

購入選択理由: 格安価格


製品スペック

対応 : PC6400  容量 : 1GB  ピン数 : 240ピン  ECC : × パッケージ : バルク品



4.CPUを決める。
購入時のポイント:マザーボードに対応出来る CPU
        

私の購入品 Core 2 Duo E6750 Box (LGA775) 価格22,380円 延長保証 価格1,575円


購入選択理由:少々高額だけれど FSBクロック : 1,333 を使用してみたかった。


製品スペック

CPUコア : Conroe  動作クロック : 2.66GHz 対応 形状 :Socket775  FSBクロック :1,333
L2キャッシュ : 4MB CPUクーラー : ○  パッケージ : BOX




5.OS
Windows Vista OEM

   FDD D353

私の購入品 Windows Vista Home Premium32bit DSP版 DVD-ROM + D353 セット税込価格15,980円


購入選択理由:今まではXPを使っていたが  Vista HomePremiumを使用してみたかった。 Vista Home Basicだと機能がいまいち足りないので HomePremiumを選んだ。


購入時のポイント

そしてマザーボードに対応出来る 5.ハードディスク(HDD)を決めます。またパソコンをどの様な用途に使うかによって、必要なパーツ類 6.フロッピーディスクドライブ 7.DVDドライブ8. ビデオカードなどを決めます。



6.ハードディスク(HDD)
私の購入品 HDS721616PLA380 価格5,780円

製品スペック

●規格:S-ATA23Gbps●ディスク容量:160GB●回転速度:7200rpm●平均シークタイム:8.5ms●バッファ:8MB●軸受け:流体軸受け●その他:RoHS指令対応

購入選択理由:ディスク容量はあまり大きくなくていいので、格安価格のこれを選んだ。




7.ビデオカード
                       
私の購入品 AOpen Aeolus S72GS-DLP256X 価格6,480円

製品スペック

ビデオチップ : GeForce 7200GS  搭載メモリ : 256MB DDR II TV-OUT : ○  Sビデオ端子 :○  デジタルDVI出力 : ○ パッケージ : パッケージ品

購入選択理由:マザーボードにVGA機能が内蔵されていますが、ビデオの性能をアップしたいのでビデオカードを使用しました、 出力: デジタルDVI-I D-SUB 両用 搭載メモリ256MB DDR II  PCI Expressx16対応 性能と価格とのかね合いでこれを選んだ。



8.DVDドライブ


私の購入品 ASUSTeKDRW-1814BL WBULK 価格3,980円


製品スペック

ATAPI内蔵型/±R(DL)8x/±R18x/+RW8x/-RW6x/RAM14x/LightScribe機能搭載/バルク品/ホワイト


購入選択理由: インターフェース IDE対応 バルク品格安価格 なぜIDE対応かというと、以 前に購入し使用していなかった物を流用。





次はパソコン改良は自分でへ